競売通知

競売通知が届いた時の対処法

住宅ローンを滞納していたら競売通知が届いた!その正しい対処法は?

あと一回で住宅ローン完済します!

読了までの目安時間:約 2分

あと一回で住宅ローン完済します!

長年払ってきた住宅ローンが、あと1回で完済します。ローンを組んだ時には気の遠くなる状態でしたので、それが終わるとなると飛び上がるほど嬉しいです。

 

ローンが終わるという事は、今まで月々払ってきた住宅ローンのお金を毎月、貯金できる!と密かに期待していたのですが、やっぱりそういう訳にはいきませんでした。

 

子供の学費がどうしても足らなくて、そっくりそのまま支払いに回さなくてはなりません。

 

なぁーんだ、結局プラスマイナス0なんだ...と思ったらガッカリですが、それでも赤字にならないだけマシか、と考えるようにしました。

 

今まで頑張って働いてくれて、ありがとう旦那!そしてやりくり頑張った私、偉いぞ!そんな気持ちでローン完済日には、ちょっとしたホームパーティーをしようと思っています。

 

ささやかながらプレゼントも用意していることは、旦那には秘密です。また、その日から新たな気持ちで、夫婦を始めたいと思っています。

 

本当に長いローンを無事に、払い終えることが出来そうでホッとしています。

ローンを組むことに抵抗があったので

読了までの目安時間:約 2分

ローンを組むことに抵抗があったので

今から10年前、新築の分譲マンションを購入するにあたって住宅ローンを組みました。

 

大型マンションだったので入居までに購入から1年半の期間があり、住宅ローンを組むにあたって準備をするには十分な検討期間がありました。

 

元々、我が家はローンを組むということを良しとしていませんでした。理由は明白です。金利を支払って元の金額より大きなお金を使うことに、大きな抵抗があったからです。

 

ですから、頭金をできるだけ多く準備しました。4500万円の物件に対して、頭金を2000万円まで頑張って準備したわけです。

 

あとは、2500万円のローンということになります。さて、ここからが問題です。変動金利と固定金利をどう使い分けるか。

 

ここも支払金額を最初から確定したいので、固定金利を選択しました。とにかく相場は分からないのであれば、確定することが重要だと思ったからです。

 

しかし、この念願のマイホームは突然の異動で、入居後たったの2年で販売してしまったのでした。

住宅ローンを組んだ銀行が遠かった...

読了までの目安時間:約 2分

住宅ローンを組んだ銀行が遠かった...

住宅ローンを組んだのですが、それは自分のメインバンクではありませんでした。

 

というのも、住宅ローンの利率がお得なキャンペーンをしている銀行だと不動産販売会社から紹介され、同時に審査も通りやすいということもあり、勧められるがままに決めてしまいました。

 

ローンの利率が安いことや審査が通りやすいということなどは、住宅ローンを組むにあたって大きな利点と思います。

 

なので、結果的には良かったとは思うのですが...不便だったこともあるのです。それは、その銀行が遠かったということ。電車やバスを駆使して、1時間はかかるのです。

 

住宅ローンを組んでさえしまえばそんなに頻繁に通うこともないですし、インターネットバンキングを始めましたので、不便はさぼどないのですが、ATMが近所にない環境なのです。

 

そうすると、なんとなく不安というか。住宅ローンが毎月引き落とされたという確認を通帳記帳しに行くことが、私にとって安心となるので結構重要です。

 

やはりインターネットバンキングだけということに慣れていない為か、通帳に記帳が出来ないことがちょっと不安です。やっぱり、まだまだアナログな感覚なんですね私は。

 

住宅ローンに際しては月々の支払分を見ていると、ほとんどが利子部分の支払いだと絶句します。やはり、なんとしても元金をどんどん返せるように、計画することが一番だと思っています。

 

そんなことを実施したり相談する為にも、銀行は通いやすい場所にあると良かったなと今になって思うのです。

ローンはかなり慎重に組みました

読了までの目安時間:約 2分

ローンはかなり慎重に組みました

家を買うために、住宅ローンを借りることになりました。頭金はある程度用意したものの、収入のことを考えると思いきった借入はできないと思い、上限を2000万と決めました。

 

ですから予算をまずきっちり決めて、それに合った物件を紹介してもらったのです。どうにか予算内でおさまる物件を見つけることができ、住宅ローンの相談を始めました。

 

不動産屋で銀行を紹介してくれましたが、担当者と合わなかった事もあり、結局普段使っている銀行にしました。

 

金利を「固定」か「変動」にするかで迷いましたが、銀行の担当の方の勧めもあり「半分固定金利」「半分変動金利」という形にしたのです。

 

返済期間も、35年はあまりに気が遠くなる長さなので25年にしましたが、月々の返済額はそれまで住んでいた借家の家賃と同じぐらいで安心しました。細かく計算すると、駐車場代の支払いが必要なくなるので、その分は安くなり良かったと思います。

 

借入額だけを見れば一般的にはそれほど多くないのですが、それでも長い目で見た時の金利はかなりの額となります。ですから早く繰り上げ返済が出来るように、家族と協力しながら努力していきたいと思っています。

月々の返済金額は低めに設定するのがベスト

読了までの目安時間:約 2分

月々の返済金額は低めに設定するのがベスト

今から5年程前に新築のマンションを購入したので、銀行系の住宅ローンを組みました。

 

夫の年齢がもう40歳を過ぎていたので、20年ローンにしました。

 

月々に6万円返済しているのですが、住宅ローンの返済以外でもマンションの管理費や車の駐車場代、自転車やバイクの駐輪場代がかかるので、別に月に3万円程払っています。

 

住宅ローンと合わせると、なんと月に9万円の出費です。

 

結婚式といった交際費がかからない月は良いのですが、春先といった移動の時期や結婚式が多い時期には、交際費が月に5~8万円かかる時もあります。

 

そういう思いがけない出費がかさんだ時には生活費が足りなくなるので、ボーナスを溜めておいた貯金を崩して、生活費に充てています。住宅ローンを組んだ時と今とでは物価がかなり違うので、予定していた以上に返済が正直キツイです。

 

でも夫の職場の人や、子供の友達の家庭ほとんどが新築マンションを購入するか家を新築しているので、我が家だけずっと賃貸というのも何だか情けないなと思ったのです。

 

ですから、月々の返済金額を4万円ぐらいにしておけば、良かったなと少し後悔しています。

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報