競売通知

競売通知が届いた時の対処法

住宅ローンを滞納していたら競売通知が届いた!その正しい対処法は?

銀行員の対応も銀行選びの重要なポイントです

読了までの目安時間:約 2分

家を建てるために、住宅ローンの申請をしていた時の話です。

 

主人の給料振込先であるA銀行にて住宅ローンを申請しており、仮審査が通ったところまでは良かったのですが、本審査前の相談会でそれまで担当していた方が転勤になり、担当が別の方へ変わってしまいました。

 

その新しい担当の方が相当年配の方で、知識がない割には偉そうでお金を貸してやってるんだから!と言わんばかりの、高圧的な態度を見せる人でした。

 

団信の説明時に主人が病気ではないが、健康診断で引っかかったと伝えると「保険屋さんに診断書を提出してもはじかれる可能性があるし、何より当行の信用にかかわる」というような言葉を投げかけてきたのです。

 

私も主人も気分が悪くなり、用事があるのでと銀行を後にしましたが、その足で別でB銀行に向かい新たに住宅ローンの申請をしました。

 

B銀行では否定的な発言は一切なく人当たりの良い方が担当になり、仮審査も本審査もすんなり通りましたので、ローンが既に実行されています。

 

お金を貸していただく立場ではありますが、銀行員の対応も銀行選びの重要なポイントだと思います。

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報